大人の歯列矯正について

ha-kyosei

“歯並びが気になるから、「歯列矯正」をしたいな”と

思う方もいらっしゃると思います。

ただ、歯列矯正って子供だけのものと思っていませんか?

確かに成長期にある子供、

つまり乳歯から永久歯に生え替わるような時期というのは、

顎の位置を正しい位置に動かすことができる可能性があり、

矯正治療を始めるのに最適な時期と言えます。

それに対して、大人が歯列矯正を行うには、

矯正力に対する組織の反応が遅いため、

歯の移動には時間がかかることがある、

顎の骨の位置を改善しなければならない症状の場合に、

外科的矯正治療が必要になることがあります。

審美的な面からの改善

大人の歯列矯正の大きな目的のひとつとして、

審美的な面での改善ということがあります。

つまり、出っ歯や、受け口、八重歯など、

外見を気にして治療を始められる方が多いということです。

子供の時期には、本人の希望よりもご両親の希望が優先されることが多く、

せっかく成長期の良い時期に歯列矯正治療を始めたとしても、

治療の進み方が悪い場合があったりします。

しかし、大人の歯列矯正は自分の意志で、美しい口元を目標としているので、

歯磨きや装置の手入れなどにも気を配ることができ、

口腔内が良い状態で、効率的に治療が進むことも多いのです。

大人の歯列矯正を考える方たちの多くは、小さい頃からのコンプレックス、

例えば、出っ歯、受け口、八重歯などから歯列矯正を望む方が多いようです。

いつも口元を気にして生きてきた自分を変えられる、これまでの自分と決別し、

口元を気にすることなく笑える、前向きな自分に変わりたいという方が多いようです。

かみ合わせの改善

大人の歯列矯正治療といのは、外見の変化が大きな目的で利点のようですが、

実際には、もっと重要なことがあります。

それが「かみ合わせの改善」です。

良いかみ合わせを「正常咬合 (せいじょうこうごう)」、

悪いかみ合わせを「不正咬合 (ふせいこうごう)」と言いますが、

不正咬合を改善されないままだと頭痛、肩こり、

腰痛、膝痛など全身のいろいろなところに影響があると言われています。

また歯並びが良くなると、今までは歯ブラシが届かなかったところまで、

歯磨きができるようになるので、むし歯や歯周病の予防が容易になります。

さらに、食べ物をよく噛んで食べるようになり、

消化や吸収を助けるので内面からも健康になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です