歯並びが悪くなる生活習慣 

歯並びと遺伝の関係は?

骨格や肌質、体質などは両親からの

遺伝の影響が大きいといわれていますが、

歯並びに関してはどうなのでしょうか? 

実は両親の歯並びや習慣は、子どもの歯並びに関係するんですね。

歯の大きさ、顎の大きさが親から子どもに遺伝するといわれていますので、

必然的に歯並びも親から遺伝する傾向が強いと言えます。

その上、普段の習慣やくせなども加味されて

子どもの歯並びが決まってしまうんですね。

歯並びに影響する悪習慣とは?

最近は歯列矯正をするお子様も増えているので、

歯並びを気にする方も少なくありません。

実は歯並びに悪い影響を与える習慣は存在するのです。

永久歯に生え換わる時期はもちろん、

大人になってからも歯はわずかに移動します。

それは人が呼吸したり、食事のときに物をかんだり、

話をするといった生理的な動きと、

加齢による筋肉の変化などが影響して起こる現象なので自然なものなのです。

特に食事の仕方は、歯並びやかみ合わせに影響します。

清涼飲料水を好んで飲む方も多いと思いますが、

清涼飲料水は酸性度が高いものが多く、

取り過ぎると歯のエナメル質が溶けだす原因になるといわれています。

またペットボトル症候群とも言われて糖尿病の危険性も言われていますね。

また、よくかまずに食べる、前歯でかみ切る習慣がない、

食事の姿勢が悪いと、あごの発達を阻害し歯並びに影響を与えます。

特に普段の姿勢で、頬づえをつく、横向きで寝る、

唇をかむくせ、爪をかむ、指しゃぶりなども

歯並びとかみ合わせに影響しますので、これらのクセのある方は要注意です。

また、乳歯のときに虫歯の治療がきちんとされていないことも、

その後の歯並びに影響を与えることがあります。

子どもによく見られますが、口をぽかんとあけたままの状態が続くと、

下あごが後ろに引っ張られて、上の前歯が出っ歯に見えるようになります。

口をあけたままの状態だと口呼吸になりやすく、

睡眠の質が悪くなったり、風邪をひきやすくなる、

仕事や勉強への集中力が弱くなるといった影響も起こってしまいます。

以上述べたように、歯並びは見た目の問題だけではないのです。

きれいな歯並びは確かに魅力的な口元の要素ですが、

実は健康面で大きな影響があるのですね。

歯並びに影響を与える悪習慣を避けて、

健康な歯並びを目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です