子供の歯並びが悪くなる悪い癖

kodomo-hamigaki

子どもの歯並び

最近では子供の歯に対して関心を持つ親も増えてきているためか、

虫歯は少なくなってきています。

それに伴い、歯並びに関心を寄せている親が増えてきています。

歯並びは遺伝が原因であるとか、日本人は顎が小さいから歯並びが悪いのは仕方がない、

などと半ばあきらめている方も少なくないのではないでしょうか?

実は、この歯並びが悪くなる原因には、

癖などの悪い生活習慣が大きく関わっているんです。

気をつけたい お子様のこんな癖!

1.指をしゃぶる

指しゃぶりをする癖は出っ歯や咬み合わせても,

前歯部分に大きく隙間ができる状態を引き起こします。

3歳くらいまでの指しゃぶりは特に問題はありませんが、

4歳を過ぎても指しゃぶりを続けているのは要注意です。

2.舌を突きだす

「あっかんべー」のように、舌を前にベーっと突き出したり、

舌で歯を押す癖がある場合、出っ歯になったり

前歯部分に大きく隙間ができたりするので要注意です。

3.下唇を上の前歯で咬む

下唇を上の前歯で咬む癖があると、上の歯が出っ歯になったり

下の歯は内側の方へ常に押されてしまうので内側へ倒されて、

ガタガタの歯並びになる危険性があります。

4.口呼吸

口呼吸は出っ歯やガタガタの歯並びを引き起こす危険性があります。

口呼吸の状態では、口は常に開いているので舌もそれと一緒に下がります。

本来舌が上の顎を押して成長を促すのですが、それができなくて、

上の歯のアーチが狭くなり歯の生える場所が少なくなります。

そのため、上の歯は前に出てしまうか、ガタガタに重なってしまいます。

5.上下唇を中に吸い込む

唇を舐めようとして唇を中へ吸い込むような動作を

日常的に頻繁に行っていると下の歯が上の歯より前に出る、受け口になりやすくなります。

何かに集中しているときや夢中になっているときに無意識にやるお子さんが多いようです。

6.咀嚼回数が少ない

歯並びは口の周りの筋肉と舌の力のかかる中間地点に作られます。

あまり咬まなくても食べられるような軟らかい物ばかり食べていると、

咬む筋肉や舌をあまり使わないことになり、歯並びの場所が狭くなってしまいます。

するめ、とまでは言わないまでもなるべく硬いものを噛むようにしましょう。

7.いつも同じ側で頬杖をついたり、同じ側を下にして寝る

特に成長期において、いつも同じ側にばかり力がかかっていると、

下あごがずれてきて左右非対称な歪んだ顔になる場合があります。

この場合は歯だけでなく骨格も大幅に変形します。

体のバランスが悪くなってしまいます。

歯並びが悪い人の半数は悪い癖などの生活習慣からきていることが多いです。

この悪い癖を早めに治すだけで、悪い歯並びを予防することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。