噛み合わせが悪いことによって起こる体の異常と治療法

katakori-itai

肩こりや頭痛でお悩みの方も多いと思います。

実は噛み合わせが悪いことが、

肩こりや頭痛の原因の一つでもあることはご存知でしょうか?

それは年齢的な変化や歯ぎしり、

治療の放置によって顎の位置が変わり、体に歪みが出てくるからなのです。

噛み合わせとは?

噛み合わせとは、上下の歯の接触状態をいいます。

左右上下の歯が均等に噛んで、噛む筋肉や顎の関節に

負担のかからない噛み合わせの状態が良いかみ合わせと言われます。

ただ、噛み合わせは年齢と共に変化します。

年齢を重ねていくうちに歯がすり減ったり、

噛む筋力が弱くなったり、顎の関節が変化したりするからなのですね。

噛み合わせが悪いとどうなる?

噛み合わせが悪い方は虫歯になりやすいんですね。

歯の汚れは、歯と歯がぶつかったり、

食べ物をよく噛んだりすることによって落ちたり、

付きにくくなったりするのですが、

噛み合わせが悪いと歯が当たる部分が少なくなるので、

自然に汚れが落ちにくくなります。

そして細菌のかたまりであるプラークがつきやすくなって、

虫歯になってしまうのですね。

また噛み合わせが悪い方は、噛んでいる歯に強い力がかかるので、

歯が揺さぶられがちになるため、歯周病の原因の一つになっているんです。

かみ合わせは顎関節症の原因にもなります。

噛み合わせが悪い方は噛んだ時に歯がずれた方向に収まってしまうので、

顎がずれることになり、顎の関節に負担が多くかかります。

逆に噛み合わせが悪い原因が、顎関節症のこともあります。

歯の土台である顎がずれているか、

また噛み合う歯がずれているかで原因が異なってきますが、

元々非常に影響しあいますので、

顎関節症と噛み合わせは切っても切れない関係であると言えます。

かみ合わせが悪いと頭痛と肩こりの原因にもなる?

噛む筋肉の側頭筋(そくとうきん)は顎の関節から頭の横につながる筋肉です。

噛み合わせが悪いことによって側頭筋が緊張し、

頭痛となって現れることがあります。

また噛む筋肉は、首や肩にかけて繋がっている

広頸筋(こうけいきん)などがあります。

噛み合わせが悪い方はこのような筋肉のバランスが悪くなるので、

肩が凝りやすくなるのです。

噛み合わせが悪くなる原因と治療法

もともと歯並びが悪い方は噛み合わせも悪くなるのですが、

年齢が若いうちは歯並びが悪くても、筋肉や関節が柔らかいために

それらが柔軟に対応しているので、

噛み合わせに大きな影響が出ないことが多いのです。

しかし、加齢によって柔軟性が失われていくと、

噛み合わせの悪さが歯や歯茎、顎、筋肉などに症状が現れていくのです。

また歯ぎしりによって歯がすり減りすぎると噛み合わせが悪くなります。

歯ぎしりによって歯のすり減りが激しすぎると噛み合わせが深くなったり、

低くなったりして悪くなります。

歯ぎしりによって歯が5mm以上も削れてしまったり、

神経が出てしまうくらいすり減ってしまう方もなかにはいらっしゃるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です