歯並びは遺伝するの?

hakui-jyosei









歯並びは遺伝するの?

自分の歯並びが悪いので、子供に遺伝してほしくない!と

心配する親もいらっしゃるようです。

実際に歯並びは遺伝するのでしょうか?

歯並びは遺伝するのですが、それは歯並びを作る基本的な要素、

例えば骨の大きさ、骨の前後的な位置、

歯の大きさ、歯の数などが遺伝することを意味します。

歯並びを形成する基本的な要因が似ていれば、

似たような歯並びになる可能性が高いので、

結果として遺伝したということになります。

例えば、親が受け口の場合だと子供も受け口になりやすいとか、

親がガタガタの歯の持ち主であると、子供の歯もガタガタになりやすいなどです。

これは、上下の顎の大きさのバランスや

歯と顎の大きさのバランスが遺伝してしまったからなのです。

また子供にとって親(特にお母さん)の影響は非常に大きいので、

お母さんが言葉をしゃべったり、物を飲み込んだりするときに舌を出す癖があると、

子供も真似をして同じような癖を持ったりします。

その結果、お母さんと同じような歯並びや

咬み合わせになってしまうということもよくあります。

そのほかには環境的な要因もあります。

普段の食生活や体の姿勢、舌や唇にまつわる癖、

虫歯が多いなどの要因で、歯並びが悪くなってしまうこともあります。

ほかにも、口呼吸ばかりすると舌の位置がおかしくなるので歯並びに影響します。

指しゃぶりをすると、歯の位置やかみ合わせがずれます。

右側だけ、左奥だけなどのように片方ばかりで噛んでいると、

骨格に影響するので歯並びにも影響が出てきます。

うつぶせ寝や横向きで寝る姿勢で、床や腕があごや頬を圧迫して

骨格に影響して歯並びにも影響する、などがあります。

逆に言うと、親の歯並びが悪くても悪くなる要因を一つ一つ取り除いていって、

健やかな歯並びの成長発育をしやすい環境を整えてあげれば、

綺麗な歯並びになる可能性は十分にあるのです。

子供に矯正治療をするメリットはそこにあります。

ご自分の歯並びが悪いと気にしている方も、骨格や生活環境などの影響がありますので、

歯並びを悪くする原因をひとつずつ取り除いていけば、

きれいな歯並びが手に入ることができるようになりますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。