歯並びが悪いのを治したい

haisha

歯並びが悪いのを気にしている方は少なくないのではないでしょうか。

きれいな歯並びはとても印象的です。

ものを噛むときに歯にはかなりの力がかかっています。

歯並びが悪いと、体のあちこちに影響が出てきます。

歯並びが悪いから治したいと思っているけれど、

時間や費用などが気になりますよね。

歯並びを治すのは全体的な矯正治療だけではなく、

前歯だけの矯正治療や、矯正治療とセラミックを合わせた治療、

マウスピースを使った治療など多くの方法があります。

また、年齢や歯茎、被せものの状態によっては

矯正治療ではなく被せもので治したほうがいい場合もあります。

歯並びが悪いとどうなる?

1.見た目が悪くコンプレックスになる

先進国では歯並びの悪さは就職にも恋愛にも影響するほど重要なことです。

欧米では八重歯はドラキュラをイメージされ嫌われます。

また、歯並びが悪いだけで歯が汚い、

口臭があるなど損をしてしまうことも多いのです。

20代になるとコンプレックスになってしまう方もいるのです。

2.虫歯になりやすくなる

歯の汚れは、歯と歯がぶつかったり、

食べ物をよく噛んだりすることによって落ちたり、

付きにくくなったりします。

歯並びが悪いと、歯が当たる部分が少なくなり、

自然に汚れが落ちないため、細菌が残りやすく虫歯になりやすくなります。

3.歯茎が下がりやすくなる

顎の中に歯が収まりきれないと歯が顎から飛び出してしまい

歯茎が下がってしまいます。

年齢とともに歯茎の下がりは大きくなり、

歯周病の悪化とともに歯が抜けてしまうこともあります。

矯正治療で歯並びを治してから、

歯茎を移植する方法を使うと改善することができます。

4.歯周病が進行しやすくなる

30歳を過ぎるころになると歯周病になる方が増えてきます。

口の中には、物を噛んでいるときの食物や

周囲の筋などによって自浄作用があります。

しかし、歯並びが悪いとこの自浄作用 が阻害されるので、

「歯と歯の間」や「歯と歯ぐきの隙間」に

歯ブラシをきちんと当てることが難しくなります。

その結果、磨き残しができてしまうなど

不潔になるため虫歯や歯周病の誘因になってしまうのです。

5.顎関節症になりやすい

歯並びが悪いといつも歯が顎の中で押し合っていて

噛み合わせが安定出来ません。

若いときは顎の関節や筋肉が軟らかい為に、

多少の変化には耐えることができますが、

年齢とともに関節が固くなってくると噛み合わせの変化に対応できず

顎関節症になりやすくなってしまいます。

顎関節症は噛み合わせがいい方にも起こりますが、

噛み合わせが悪い方は悪化しやすい傾向にあります。

噛み合わせが悪い方は噛んだ時に安定しないために、

顎の関節に負担が多くかかります。

噛み合わせで支えている部分が少ないために

歯の磨り減りや歯科治療の少しの変化で顎に負担がかかり

顎の症状が出てしまいます。

6.さらに歯並びが悪くなっていく

歯並びが悪いと歯の位置が安定していないので、

親知らずや歯周病の影響を受けやすく

年齢とともにさらに歯並びは悪くなってきます。

7.左右の顔の筋肉の大きさが変わることで顔がゆがみやすくなる

顔は表情筋や咀嚼筋(そしゃくきん)などの筋肉で多くの部分が作られています。

噛み合わせが悪いと片方ばかりで噛むようになるため、

筋肉の厚さが変わってしまうので、顔がゆがんできてしまいます。

筋肉の下の骨は、筋肉の厚みによって変化するので、

あごの形まで変わってしまいます。

8.頭痛になりやすい

顔の表情筋のなかでも噛む筋肉の側頭筋(そくとうきん)は、

顎の関節から頭の横につながっている筋肉です。

噛み合わせが悪いと側頭筋が緊張するので、頭痛となって現れることがあります。

9.肩こりが起こりやすい

表情筋の中でも噛む筋肉は、首や肩にかけて繋がっている

広頸筋(こうけいきん)などがあります。

噛み合わせが悪い方は、肩から首にかけて筋肉が緊張します。

その結果、首の筋肉に血行障害が起こるので肩こり、

首の痛みへとつながってしまいます。

10.自律神経失調症にも注意が必要

かみ合わせが悪いことは、自律神経失調症とも関係があるのです。

自律神経失調症の根本的な原因は、不正な噛み合わせによる

頚椎のねじれが自律神経系に異常をもたらすので、

人間の恒常性(ホメオスターシス)を正常に機能させなくなったことです。

気にしていないようでも意外と気にしている歯並び。

たかが歯並びと侮るなかれ。

歯並びが悪いことがこんなにも体に影響しているんですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です