歯並びをきれいにする方法

kireina-ha

「芸能人は歯が命!」

以前歯並びがきれいなのが印象的なCMがありましたよね。

笑った時に意外と目立つのが、歯並び。

口元って気にしていない方もいらっしゃるでしょうが

意外と注目を浴びたりします。

小さいころから歯並びが悪くて気になって、

笑うときに口元を隠してしまう方がいますが、

外国人から見たら不思議に思われるようです。

気になる歯並びの治療というと、

矯正歯科で歯にブラケットとワイヤーをつけて、2~3年かけて

歯を動かす歯列矯正を思い浮かべる方が多いと思います。

矯正歯科の治療は大きく分けて、

「子どもの矯正」と「大人の矯正」の2つに分かれます。

子どもの矯正(小児矯正)

子どもの矯正(小児矯正)は、

あごの骨のバランスや大きさを整える「1期治療(骨格矯正)」と、

永久歯が生えそろってから歯の位置を整える

「2期治療(歯列矯正)」の2段階からなります。

治療に必要な矯正装置や治療法は、歯並びや年齢などによって異なりますが、

1期治療は、永久歯が生えそろう

6歳~10歳くらいまでに行うことが良いといわれています。

大人の矯正(成人矯正)

大人の矯正装置

矯正装置の例永久歯に生えそろった方を

対象とするのが成人矯正で、「2期治療」ともいわれます。

近年の治療技術が進歩したことにより、矯正治療に年齢は関係なくなったので、

ライフスタイルに合わせてさまざまな治療法が選択できるようになりました。

歯列矯正というと、従来からある、歯の表側につける装置が

メージとして浮かぶのですが、

歯の裏側に装置をつける舌側矯正(裏側矯正)、

取り外しのできる透明なマウスピース矯正などもあります。

子どもの矯正と違って、顎の骨格を矯正することはできないので、

歯並びによっては抜歯をして歯を並べるスペースをつくる場合もあるようです。

外科矯正(成人矯正)

顎の大きさや形が原因で歯並びが悪い方は、

顎の骨を手術して顎のバランスを改善することが必要な場合があります。

外科手術と矯正装置による歯列矯正を組み合わせて

治療することを「外科矯正」といいます。

歯並びが気になるので、矯正を考える方も少なくないと思いますが、

矯正の費用は100万円くらいかかりますし、

期間も2年ほど要する場合が多いようです。

矯正装置が合わなくて痛かったという方も少なくありません。

実際に歯列矯正を考えているのなら、

歯科医とよく話をして、納得してから始めたほうがいいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です