歯並びが悪いことで起きること

kuchimoto2

歯並びが悪いことで起きること

歯並びやかみ合わせの悪さは、

単に見た目の良し悪しに影響があるだけではありません。

それが原因で、頭痛や肩こりだけでなく、

全身のあちらこちらに影響が出る場合があるので注意が必要です。

歯並びからくる身体への影響

歯並びが悪いことは、精神的な面で現れることがあります。

人と話すとき、口元に目がいってしまいがちですが、

歯並びが悪いと気になってコンプレックスとなり、

人と話すのがイヤになったり、人との接触を避けるようになったり、

大きく口を開けて笑えなくなったりする方もいます。

特に、上顎前突(じょうがくぜんとつ)などは

「出っ歯」というあだ名を付けられ、

イジメの原因にもなりかねない場合もあります。

そして、歯並びが悪くて歯が重なっていたりすると、

歯ブラシの毛先が歯の隅々にまで届かない場合があります。

そうなると歯垢や歯石が溜まってしまい、

虫歯や歯周病といった歯の病気にかかりやすくなります。

また、唾液には本来、口の中をキレイにする自浄作用がありますが、

かみ合わせが悪くてよく食べ物を噛むことができないと、

唾液の分泌量が少なくなり、

口の中を十分に殺菌することができなくなってしまいます。

そのため口の中に汚れが溜まりがちになり、

歯の病気にかかりやすい状態なったり、口臭の原因になったりします。

また受け口や奥歯が噛み合っていても

前歯が噛み合わない状態などの不正咬合の場合、

サ行やタ行の発音が不明確になりがちです。

そのため、言葉の発音が重要となるアナウンサーや歌手、

俳優などの職業の場合は、大きなマイナスとなります。

特に外国語は、正しい発音ができないだけでなく、

相手に意味が通じない場合も起こりえます。

石垣島のユーグレナ

食べ物は、胃や腸で消化されてはじめて栄養として体内に吸収されます。

そのため、人間の体は食べ物を口に入れると、

まず飲み込みやすく消化しやすい大きさに噛み砕きます。

また、噛むことによって唾液を分泌させ、

唾液に含まれる消化酵素と食べ物を混ぜ合わせ、

消化しやすい状態にしてから胃に送ります。

ところが、かみ合わせが悪いと、よく噛み砕くことができないだけでなく、

唾液の分泌が悪くなり、消化しにくい状態で

食べ物が胃に送られてしまうので、胃腸に負担がかかってしまいます。

またかみ合わせが悪いことがこんなことまで?と思えるのが、仮性近視でしょう。

かみ合わせが悪いと眼球を包む骨に刺激が集中し、

それが眼球を圧迫して仮性近視となります。

放置しておくと真性の近視に発展する場合もありますので要注意です。

以上、え?こんなことまで?と思われることもありますが、

かみ合わせをおろそかにしていると、

体への影響が大きいので十分注意が必要ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加